調査項目

調査項目

調査項目

浮気調査・素行調査

一番多いご依頼が、浮気調査・素行調査です。
相談には勇気がいるかもしれませんが、ひとりで悩まずに弊社にご相談ください。
「妊娠して4ヶ月、急に主人の帰りが遅くなった…」、「専業主婦の嫁の服装や化粧が派手になってきた…」という2つの事例をご紹介します。

採用調査・従業員素行調査

人を雇うことは企業にとって大きな投資です。採用調査・従業員素行調査により、リスクヘッジになります。
「友人から息子の就職の斡旋を頼まれたが、採用しても問題無いだろうか…」「従業員が突然会社に来なくなった…」という2つの事例をご紹介します。

結婚調査

結婚相談所での出会いや、ネットでの様々なマッチングサービスが普及する中、結婚前に相手の素性を知っておきたいという依頼が増えています。
「婚約した娘の相手がなんだか怪しい…」と疑うお母様、「実家に顔を見せない妹、彼氏からDVを受けているのでは…」と心配するお父様のお話をご紹介します。

ご近所トラブル

人間関係の思わぬところから、ご近所トラブルに発展する例が多くあります。
「自宅のポストに怪文書が投函される…」「庭にゴミを投げ捨てられる…」一体誰がイタズラをしているのか…?

離婚相談

・配偶者が不倫をしているため、親権を取って離婚したい。
・既婚者の彼氏(彼女)の夫婦を離婚させたい。
・配偶者以外に好きな人ができたが、配偶者が離婚を拒否している。
・セックスレスで離婚を考えているが、配偶者が離婚を拒否している。
・配偶者が突然離婚したいと言い出したが、自分は離婚したくない。

<解決策>
離婚をしたい、したくない、離婚させたい等、様々なお悩みに対応いたします。
有利に離婚を進めたい・離婚したくないという方は、配偶者にとって不利な証拠(自身にとって有利な証拠)が必要になります。
夫婦を離婚させたい場合、既婚者とその配偶者の気持ちを動かすことが必要です。
人の心は常に揺れ動いているため、絶対に不可能ということはございません。
ご相談者様が無理だろう…と思っていたことでも、第三者の視点から客観的に観察・考察することにより、解決策が見えてきます。
いずれのお悩みも、「相手がどうして拒否しているのか」「どうすれば相手がメリットを感じて動いてくれるか」等を考えれば解決することが可能です。

人探し・行方不明

・昔の恩人に会いたい。
・初恋の人に会いたい。
・生き別れた母親(父親)に会いたい。
・子供が家出をしたため、居場所を知りたい。
・お金を貸した相手が逃げたため、居場所を突き止めたい。
・元夫からの養育費の支払いが滞り、連絡が取れない。

<解決策>
人探し・行方不明調査の成功確率は、探したい人物が行方不明になった経緯によって異なります。
「昔の恩人に会いたい」「生き別れた母親(父親)に会いたい」等は、時間の経過や生活状況の変化で相手の所在が分からなくなってしまった事が多いため、比較的短期間で探し出すことが可能です。
これとは反対に、「子供が家出をしたため、居場所を知りたい」「お金を貸した相手が逃げたため、居場所を突き止めたい」等は、対象者が意図的に姿をくらましている場合が多く、探し出すことが困難です。
しかし、対象者が生活を送っている限り、時間はかかるものの、探し出すことが不可能ということはございません。
いずれの場合も、居なくなってからの早期調査が早期発見・早期問題の解決につながります。
時間が経てば経つほど、手がかりが薄れ、探し出すことが難しくなってしまいます。
弊社はプロの視点から、あらゆる情報網を駆使し、張り込み・尾行・聞き込み等の調査を行い、各事案の早期解決を目指します。
思いがけない情報から早期発見に繋がるケースは珍しくありません。
どんな些細な情報でもお申し付けください。

盗聴器の発見

・空き巣に入られたことがある。
・自分しか知りえない情報を何故か他人が知っている。
・新しい部屋に引っ越すが、盗聴器がないか心配。
・社内の機密情報が外部に漏れている。
・誰かに見られている気がする。
・家に帰ると無言電話や嫌がらせの電話が鳴る。

<解決策>
昨今、盗聴・盗撮器はインターネットや通信販売で手軽にそして安価で購入できるものになりました。 盗聴・盗撮器には、コンセント型や置時計型等、様々な形でカモフラージュされているものもあり、素人目にはそれが盗聴器と分からないことがほとんどです。
弊社は電波での盗聴・盗撮器の調査以外にも、目視による盗撮器のチェック、壁内部のチェック、電化製品のチェック等、徹底的に調査を行います。
そのため、単身者の小さな部屋であっても1時間は調査時間を要します。
訪問の際の服装は、スーツや私服など、依頼者様の環境により変更可能ですので、ご相談時におっしゃってください。
盗聴・盗撮は私生活が他人に覗かれるだけではなく、知らない間にネットに拡散されてしまう危険性もはらんでいます。
企業であれば、機密情報や顧客情報等が漏洩してしまいかねません。
盗聴・盗撮されているかもしれない…とご不安な方、盗聴・盗撮に対してまだ何の対策もされていない企業様には、ぜひリスク管理の一環として盗聴器・盗撮器発見調査を行うことをおすすめいたします。

行動調査

・娘が夜な夜な出歩いているが、交友関係を知りたい。
・離婚した元嫁が子供に会わせてくれないため、子供の様子を確認したい。
・夫が頻繁に家を空けるが、浮気ではなさそう。何をしているか知りたい。
・婚活パーティーで知り合った人がどのような人物か調べたい。
・裁判係争中の社員の行動を知りたい。
・職場の同僚が、悪い噂を流しているようだ。どうにかして証拠を押さえたい。

<解決策>
行動調査は、対象者(家族・恋人・従業員等)が、どこで、いつ、誰と接触し、どのような行動をとっているのか詳細に調査いたします。
対象者の行動を監視・調査するくらい簡単だとお考えの方もいらっしゃいますが、実際はどこで何をするか分からない対象者を尾行し、行動を撮影することは素人には困難です。
行動調査は、夫婦間、恋人間の調査はもちろんのこと、婚活パーティーやお見合い、SNS等で知り合った異性の名前や住所、勤務先、普段の行動を事前に調べることにより、結婚詐欺や金銭トラブル等を未然に防いだり、または現在抱えていらっしゃる問題を解決するために非常に有効な手段です。
また、職員や従業員の背信行為や違法行為等の問題にも、客観的な証拠を得ることにより解決することが可能です。
裁判に発展しても、証拠として提示できる仕様の報告書を作成いたします。
現在、不安や問題を抱えていらっしゃれば、お気軽にご相談くださいませ。

いじめ対策

・子供の服が汚れていたり破れていることがある。
・体に傷やアザができていたことがある。
・帰宅が遅くなった。
・学校や友達の話をしなくなった。
・お小遣い等の金銭を多く要求するようになった。
・親の財布や貯金箱からお金を盗るようになった。

<解決策>
親の目の行き届かない場所で、いじめは陰湿に行われています。
いつ、自分の子供が被害者になるかは分かりません。
いじめられている子供は、いじめっ子に先生や親に訴えたことがバレるのを恐れ、なかなか周りの大人にSOSを出すことができません。
現在、いじめは凶悪化の一途をたどっています。
自分の子供がいじめに遭っている兆候があれば、まずは担任の先生に相談してみましょう。
まともな体質の学校であれば、学校側でしっかりといじめに対応して問題解決してくれます。
しかし、知らぬ存ぜぬを通すような隠蔽体質の学校であれば、保護者側がいじめに対応するしかありません。
取り返しのつかない事件に発展してしまう前に、いじめの実態を把握しておきましょう。
いじめの調査は、放課後等に子供がどこで何をしているのか、張り込み・尾行を行い克明に記録します。
もし事件性がある場合、証拠があれば警察が速やかに対応してくれます。
ご自身での実態の把握が難しい場合は、探偵のご活用をご検討くださいませ。

企業の信用調査

・新しい取引先として考えている会社が、信用できるか調査したい。
・金銭トラブルや民事トラブルを抱えていないか心配。
・反社会的勢力との繋がりがあるかもしれないという噂を聞いた。
・得意先の経営状況を確認したい。

<解決策>
安心して取引を行うため、そして未然に取引上のトラブルを防ぐには、既存の企業データベースのみならず、もう一歩踏み込んだ信頼性の高い調査が必要です。
良好なビジネスパートナーとしての関係を保つには、相手の現在の経営状況・中長期的な展望を把握しておくことが必要でしょう。
新規取引先はもちろん、既取引先に関しても定期的に経営状態を確認することにより、より一層の信頼関係を築くことが可能です。
相手企業が表に発信している情報・データベースだけでは分からない、企業の実情を調査いたします。

ストーカー対策

・元カレ(元カノ)がしつこく連絡してくる、交際するよう迫ってくる。
・郵便物に怪文書や汚物が入れられた。
・誰かに見られているような気がする。
・無言電話や非通知の電話が頻繁にかかってくる。
・自分の出したゴミが漁られていることがある。

<解決策>
ストーカーとは厄介な存在で、ストーカー加害者は自分が迷惑行為をしているという自覚がありません。
むしろ、相手(被害者)が自分のことを分かってくれないから、思い通りにならないから、傷つけられたからと、自分を正当化して相手に一方的な好意や憎悪を押し付けます。
殺人にまで発展するケースが増えているため、警察も昔よりは力を入れて対応しているようですが、それでも十分とは言えないのが現状です。
現在ストーカー被害を受けているのであれば、まずは最寄りの警察に相談しましょう。
しかし、相談したからといってすぐにストーカーを逮捕してくれるわけではありません。
警察は証拠がなければ動いてくれないため、ストーカーから受けた被害は出来るだけ証拠として保存しておきましょう。
積極的に、そして客観的に証拠を収集するには、探偵は非常に有効です。
また、ストーカーがあなたに恋愛感情等の好意を抱きつきまとっているのであれば、あなたに向けられた関心を他に移し、つきまとい行為をやめさせる方法もございます。
「あれだけしつこく付きまとっていたのに、他に好きな人ができると、こうもアッサリ何事も無くなるんですね…」と驚かれる依頼者様もいらっしゃいます。
自分自身では対処が難しいストーカー被害に遭っていましたら、どうぞご相談ください。

恋愛対策

・恋人が別れたいと言い出したが、自分は別れたくない。
・元カノ(元カレ)と復縁したい。
・気になる人と付き合えるよう演出して欲しい。
・元カノ(元カレ)に付き合っている人がいるか知りたい。
・素っ気なくなってしまった彼氏(彼女)をもう一度振り向かせたい

<解決策>
ご自身では解決できない恋愛のお悩みを解決へ導くのが「恋愛対策」です。
行き詰まった恋愛を解決するには、当事者のみの視点ではなく、多角的な視点から事実を観察・考察することが大切です。
相談員からのアドバイスで、依頼者様自身が変化し、解決することもありますが、時には弊社スタッフが対象者に接触し、心理誘導をすることもあります。
「どうすれば別れたいと思うのか」「どうすれば復縁したいと思うのか」など、対象者自身の立場にて考え、必要な手段を講じます。
これまでの成功事例やご相談者様のケースに最適なプランをお伝えできますので、お気軽にご相談くださいませ。

GPS調査

・浮気調査を考えているが、そのまえにGPSで車の動きを見てみたい。
・社用車にGPSをつけて、社員がサボっていないか確かめたい。
・社用車を私的に利用していないか知りたい。
・夫(妻)が日中(深夜)どこに行っているか知りたい。
・認知症の高齢者の徘徊対策をしたい。

<解決策>
対象者が車やバイク、自転車を使用している場合、GPSを取り付けて行動を確認することが可能です。
GPS調査は、何時何分にどこにいたかが把握でき、比較的費用も安いため、簡易な調査として非常に有効です。
また、深夜・早朝等、ご自身で位置を確認することが難しい場合でも、検索時間・間隔が設定できるため、検索し忘れを防止できます。
GPS調査は適切に取り付けさえできれば、簡単に位置を把握することができますが、対象者にバレてしまえば警戒されたり、普段とは異なった行動をとられてしまうリスクもございます。
もしGPS調査をご検討の場合は、事前に取り付け場所や使用目的を相談員にご相談くださいませ。

裁判資料の内偵

・弁護士の指示で、提示証拠を収集しなければいけない。
・調停を有利に進めたいので、調停前に資料を集めたい。
・「民事事件の証拠は自分で集めなければいけない」と言われた。
・民事裁判をするために、確実な証拠を集めたい。
・現在手元にある資料よりも、もっと詳しいものが欲しい。

<解決策>
裁判資料の内偵とは、調停・裁判のための証拠や資料を収集する調査です。
裁判・調停等において、ご相談者様にとって最も有益な条件を提示できるよう、裁判・調停の前に然るべき資料等を収集いたします。
民事事件における裁判・調停の場合、証拠や資料は本人が収集しなければなりません。
ご相談の際は、裁判・調停において「なに」を立証するために「なに」が必要なのか、事前にできる限り細かく情報の整理をお願いいたします。
ご依頼内容が曖昧に伝わってしまうと、調査時間・調査費用に無駄が生じてしまいかねません。
弁護士が必要な場合は、ご紹介することも可能ですので、その旨もお伝えください。
ご自身での調査が困難な場合は、弊社が代理で調査いたしますので、どうぞお気軽にご相談くださいませ。

その他

・後ろをつけられている気がするので、私を尾行して欲しい。
・土地の持ち主を探したいが、登記簿の住所にはすでに住んでいないようだ。
・ずっと言い寄ってくる人がいるが、しつこいので何とかしたい。
・付き合ってもすぐにフラれてしまう。どこがダメなのか指摘して欲しい。
・恋人が宗教にはまっています。どのような宗教か調べて欲しい。